無垢材ってどんな素材があるの?【広葉樹編①】

無垢材ってどんな素材があるの?【広葉樹編①】

無垢コンクリートは主に広葉樹と針葉樹の2種類に分けられます


今回は広葉樹についてまとめていきます

広葉樹は重くて硬いことが特徴で強度があり傷がつきにくく

褐色系の色合いで家具にもよく使われています

着色しなくても雰囲気が出せるのでオススメです!


”無垢”、”広葉樹”と一言で言っても様々な種類があり、どれにしようか迷いますよね?

そこで、ここからはフローリングに使われる広葉樹の種類について紹介します!




 
無垢材ってどんな素材があるの?【広葉樹編①】

オーク(ナラ)


定番中の定番である”オーク”と”ナラ


オークの方が木目が大きく、ナラの方が慎ましいイメージのため
洋風にはオーク、和風にはナラが相性がいいです!


硬く耐久性に優れており、木目が美しく明るい色なので、
ナチュラルな雰囲気を求めている方にオススメです♪



木目の虎斑という模様が特徴です

 
無垢材ってどんな素材があるの?【広葉樹編①】

ビーチ(ブナ)


ビーチはヨーロッパで広く普及されているので、ヨーロッパでは有名な木材です


硬く粘りがあるため、柱や梁など構造体にも使われます


淡褐色の色合いで板目に現れる斑点模様が特徴

淡い色合いの木材は基本どの家具にも相性が良いです!


ただし、乾燥や狂い、虫害に注意が必要です


 
無垢材ってどんな素材があるの?【広葉樹編①】

メープル


曲げや圧縮強度に強いため、傷や衝撃に強い

さらに、耐摩耗性に強いので和室の造作材、高級家具や楽器に使われることが多いです


木肌が緻密で美しく光沢があるため女性人気が多いです!


また淡い色合いがナチュラルで自然が好きな方はオススメです♪


 
無垢材ってどんな素材があるの?【広葉樹編①】

チーク


”チーク”も”オーク”と同じく定番の無垢材


チークは船の甲板にも使われるほど強度が強く
害虫・耐久性・耐水性・寸法安定性などに強いため良い点が多く人気が高い無垢材です!


利便性が高いので、内装材や家具にもよく使われます



重厚感のある深い色味は年月が経つと薄くなり色味の変化も楽しめるようになっています♪


重厚感のある色味は高級感を出しますが、
ブラックウォールナットほどの暗さを求めていない方にオススメの色味です♪


 
無垢材ってどんな素材があるの?【広葉樹編①】

ウォールナット


ウォールナットはクルミの木の一種で、世界三大銘木のひとつ


狂いが出にくく、加工性が高く、衝撃や耐久性にも強いため
コストは高いのですが、人気の高い無垢材です


落ち着いた深みのある色合いで、重厚感のあるシックではっきりした木目が特徴


木目が粗く年月が経つとライトブラウンに変化し、色味の変化も楽しめます♪


ブラックウォールナットはさらに暗い色味で高級感があります










今回は無垢材広葉樹についてまとめました!

まだほかにも注目の無垢材がありますので、

次回も引き続き広葉樹編②を紹介します!


 
WORKS MORE